ダイエットと滋養強壮に!フェヌグリークの効果効能・副作用まとめ

HMBサプリに含まれている事の多いフェヌグリーク。カレーのスパイスとして使われる成分ですが、筋肉にはどのような効果があるのでしょうか?フェヌグリークの効果効能や使い方、副作用について調べてみました。

 

フェヌグリークについて【目次】

 

フェヌグリークとは?歴史と特徴


古代エジプトでミイラの保存のために使われていたというフェヌグリーク。スパイスとしての歴史は古く、『ギリシャの干し草』という言葉が語源になっているようです。ヨーロッパや北アフリカ、インドや中国に食用・薬用として広まります。

 

タンパク質やビタミン、ミネラル類が豊富なフェヌグリーク。食用だけでなく防腐剤や解熱剤、家畜の飼料などと様々な用途で使われています。インドでは『メティ』と呼ばれ、中国では『胡廬巴』という名前で広まったフェヌグリーク。江戸時代には日本にも伝わり、『ころは』と呼ばれますが、あまり普及しなかったようです。

 

インドでは生葉をメティ、乾燥した葉をカスリメティ、種をメティナダと呼び、全てを料理に使用します。メティナダには香りと苦味があり、カレーのスパイスとして欠かせない役割を果たしています。

 

フェヌグリークの効果効能


古代から使われてきただけあって、様々な効果効能があるフェヌグリーク。それぞれ解説します。

 

胃腸の調子を整える効果

古くから胃腸の調子を整えるために使われてきたフェヌグリーク。フェヌグリークに含まれているサポニンという成分が血流を促進してくれるので、胃腸にもしっかり血液が行き渡るようになります。食欲不振の改善や便秘の解消、胃の不快感を取り除く効果が期待できます。

 

滋養強壮効果

フェヌグリークに含まれているジオスゲニンという成分は男性ホルモンの分泌を活発にする効果が期待できます。テストステロンの分泌量が増えれば活力がアップしますし、筋トレの効果も出やすくなるでしょう。

 

生活習慣病の予防・改善効果

フェヌグリークには血糖値を下げる効果があると言われており、糖尿病への効果が期待されています。内臓脂肪やコレステロールを減らす効果も期待できるため、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病予防にも効果が期待できます。

 

女性ホルモンのバランスを整える効果

フェヌグリークに含まれているジオスゲニンには女性ホルモンのバランスを整える効果もあります。更年期障害やPMSの改善、バストアップ効果も期待できます。エストロゲンという女性ホルモンの分泌が促進されるので、自然にホルモンのバランスが整うでしょう。

 

怪我や炎症の改善

怪我や気管支炎、消化器疾患や関節炎にも効果があると言われているフェヌグリーク。内服薬としても、外用薬としても古くから用いられており、炎症を鎮める効果は折り紙付きです。

 

脳の働きを活性化する

認知症やアルツハイマー症などの予防・改善にも効果が期待されているフェヌグリーク。フェヌグリークに含まれているコリンやジオスゲニン、トリゴネンといった成分には脳細胞を活性化する効果があると言われています。

 

脂肪の燃焼を促進するダイエット効果

フェヌグリークに含まれているコリンには、糖や脂質の代謝を促す効果もあると言われています。ガラクトマンナンという成分は糖分の吸収を抑えてくれますし、抗酸化作用のあるサポニンも含まれているので身体に脂肪がつきにくくなるでしょう。

 

フェヌグリークの使い方と摂取方法


葉の部分だけでなく種の部分もすりつぶしてパウダーとして使われます。種の部分はフェヌグリークシードとも呼ばれますが、カレーのスパイスとしての使い方が最も馴染みがあるでしょう。

 

パウダーを料理に振りかけるという使い方も出来ますし、フェヌグリークが凝縮されたサプリを摂取するのも有効です。HMBサプリの中にはフェヌグリークが入っているものも多いので、そちらで摂取するのも良いでしょう。

 

フェヌグリークには副作用がある?


フェヌグリークは食品なので、過剰摂取を避ければ副作用の心配はあまりありません。ただし子宮を刺激する働きがあるので、妊娠中の方は摂取を控えたほうが良いでしょう。アレルギーをお持ちの方や小さい子供の摂取は副作用の危険性があります。

 

過剰摂取をした場合は胃腸の不快感や下痢、吐き気などの症状を引き起こす事もあるようなので、摂取量には気をつけるようにしましょう。

 

フェヌグリークについてまとめ


滋養強壮効果が高く、筋トレをしている人にピッタリなフェヌグリーク。多くの筋肉サプリにフェヌグリークが配合されているのにも納得ですね。フェヌグリークのサプリを買って摂取するという方法もありますが、あまり商品が多くないというのが本音。

 

かと言ってパウダーだと摂取するのが面倒ですからね。当サイトのHMBサプリランキングを参考に、フェヌグリークも配合されているサプリを選んだほうがコスパ的にも良いと思いますよ。

 

>>おすすめのHMBサプリ比較ランキング

関連ページ

クレアチンの効果や副作用について
クレアチンの効果や副作用、専門家の口コミを紹介します。筋肉強化サプリに含まれているこの成分を正しく理解して、細マッチョを目指しましょう。
BCAAの効果や副作用について
BCAAの効果や副作用、専門家の口コミを紹介します。筋肉強化サプリに含まれているこの成分を正しく理解して、細マッチョを目指しましょう。
グルタミンの効果や副作用について
グルタミンの効果や副作用、専門家の口コミを紹介します。筋肉強化サプリに含まれているこの成分を正しく理解して、細マッチョを目指しましょう。
クエン酸の効果や副作用
筋トレにも有効なクエン酸。その効果や副作用、摂取タイミングについて解説します。
αリポ酸の効果
筋トレやダイエットに効果的なαリポ酸。その効果や摂取量、飲むタイミングについて解説します。
コエンザイムQ10の効果
コエンザイムQ10(COQ10)の効果効能と副作用をまとめて紹介します。効果なしという評判は本当なのでしょうか?
バイオペリンの効果
HMBサプリに含まれていることが多いバイオペリン。その効果や副作用、摂取量についてまとめました。筋トレやダイエットにも有効なのでしょうか?
トンカットアリの効果
トンカットアリの効果効能や副作用について解説します。筋肉は増えるけどハゲるような諸刃の剣なのでしょうか??
アルギニンの効果や副作用
筋トレにも有効なアルギニン。その効果や副作用、摂取タイミングについて解説します。
シトルリンの効果や副作用
筋トレにも有効なシトルリン。その効果や副作用、摂取タイミングについて解説します。
カルニチンの効果や副作用
筋トレにも有効なカルニチン。その効果や副作用、摂取タイミングについて解説します。
オルニチンの効果や副作用について
肝臓の機能を高める効果があるオルニチン。その効能や副作用について解説します。
クレアルカリンについて
クレアチンの進化型のサプリであるクレアルカリン。その効果と飲み方について徹底的に解説します。
タウリンの効果や副作用
筋トレにも有効なタウリン。その効果・効能や副作用、摂取タイミングについて解説します。タウリンを摂取して効率的に筋肉を鍛えましょう。
ナイアシンの効果や副作用
ダイエットに有効なナイアシン。その効果や副作用、摂取タイミングについて解説します。
デキストリンの飲み方や危険性
ダイエットに効果的なデキストリン。その飲み方や危険性について解説します。
コレウスフォルスコリの効果や副作用
ダイエットに有効なコレウスフォルスコリ。その効果や副作用、摂取タイミングについて解説します。
トリプトファンの効果や副作用
ダイエットに有効なトリプトファン。その効果や副作用、摂取タイミングについて解説します。