バイオペリンの効果と副作用!筋トレやダイエットにもサプリは有効?

 

HMBサプリに含まれていることが多いバイオペリン。聞き慣れない成分なので、どんな効果があるのか気になって調べてみました。黒胡椒に含まれている成分で、他の栄養素の取り込みを強化するというバイオペリン。バイオペリンの効果や推奨摂取量、副作用について解説します。

 

>>バイオペリンも一緒に摂取できる!HMBサプリランキング

 

バイオペリンについて【目次】

 

バイオペリンとは?ダイエットや筋トレへの効果!


 

バイオペリンとは黒胡椒に含まれている特許成分。実は成分の名前では無く、ピペリンという成分を含んだサプリの名前のようです。とは言え、HMBサプリには”バイオペリン”という名称で記載がありますし、こちらのほうが馴染みがあると思うので、そのまま解説します。

 

日本での認知度は低いですが、海外では愛用者も多いようです。筋トレに対する効果としては2つがあげられます。

 

栄養素の吸収効率をアップする効果

 

  • アミノ酸(BCAA・トリプトファンなど)
  • ビタミン類(ビタミンB群・ビタミンCなど)
  • ミネラル類(カルシウム・亜鉛など)
  • 抗酸化物質(リコピン・ルテインなど)
  • 植物エキス(アシュワガンダ・カプサイシンなど)

 

バイオペリンには他の栄養素の吸収効率をアップする効果があります。特に相性が良いのは上記のような成分ですが、HMBサプリにバイオペリンが含まれていることが多いのも納得ですよね。数あるバイオペリンの効果の中でも、特に注目すべき効能です。

 

栄養素の吸収が強化されれば、疲労の回復も促進されやすくなるでしょう。筋肉痛や疲れが取れやすくなる効果もあるバイオペリン。HMBサプリに含まれているバイオペリンで十分だとは思いますが、サプリの摂取量が多い人はこちらを試してみても良いかも知れません。

 

>>バイオペリンが高配合されたサプリ

 

ダイエットや筋トレに!血行の促進効果

 

  • 冷え性の改善
  • 脂肪燃焼の促進
  • 体温の上昇
  • 筋トレ中のパフォーマンスアップ
  • むくみの改善
  • 精力アップ(ペニスの増大)

 

バイオペリンには血管を広げて血行を促進する効果があります。血行が良くなることで得られる効果は以上の通りですが、ダイエットや筋トレにも非常に効果的な栄養素だということが分かるでしょう。血行が良くなれば冷え性も改善されますし、新陳代謝も活発になるので脂肪の燃焼も促進されます。

 

体温が上昇すれば筋トレ中のパフォーマンスも上がりますし、身体を鍛えている人やダイエットしたい人にとってバイオペリンは有効です。血管を拡張する事から精力剤・増大サプリに使われることも多いバイオペリン。精力増強効果やEDの改善効果が期待できます。

 

だからと言って女性が飲んではいけないという訳ではありませんのでご安心下さい。むくみで悩んでいる女性にもバイオペリンは有効ですし、痩せるために飲んでいる女性も少なくないでしょう。

 

バイオペリンには副作用がある?


 

黒胡椒の辛味成分であるバイオペリン。それだけ刺激も強いですし、過剰摂取には注意が必要です。1日の推奨摂取量である20mgを越えないように気をつけましょう。なおアレルギーをお持ちの方や妊娠中・授乳中の方はバイオペリンの摂取を控えたほうが賢明です。

 

薬との飲み合わせ次第では血圧が上がってしまう恐れがあるので、服薬中の方は注意が必要です。HMBサプリに含まれている程度の量であれば問題ないかも知れませんが、摂取する際には医師や薬剤師などの専門家の指導を受けた上で飲むようにして下さい。

 

摂取するならサプリ!バイオペリンの飲み方・摂取量


 

食品からも摂取できるとは言え、コショウから摂取できるバイオペリンの量はたかが知れています。バイオペリンの推奨摂取量は1日に10mg~20mg程度。バイオペリンを抽出したサプリで摂取するのが現実的で、バルクスポーツや海外メーカーからバイオペリンのサプリは販売されています。

 

ただし、HMBサプリにもバイオペリンは含まれていますし、両者を摂取すると過剰摂取になってしまう恐れもあります。また、バイオペリンはあくまで他の成分のサポート的な立ち位置なので、BCAAやグルタミン、HMBなどのサプリがそれぞれ存在するバルクスポーツだからこそバイオペリンのサプリは有効。

 

個人的には、バイオペリンも配合されているHMBサプリから摂取するだけで十分だと思いますが、サプリの摂取量が多い場合はバイオペリンのサプリを飲んでも良いかもしれませんね。

 

なおマツキヨなどのドラックストア、市販ではバイオペリンのサプリが販売されていることは少ないです。バイオペリンのサプリを購入するならこちらを試してみましょう。

 

>>バイオペリンが高配合されたサプリ

 

バイオペリンに関する疑問を解消!FAQ

バイオペリンは筋肉増大に効果的ですか?
バイオペリンは筋肉を発達させるために有効です。血行が良くなることで筋トレ中のパフォーマンスも上がりますし、栄養素の取り込みが強化されるので筋肉の成長が促進されるでしょう。

 

おすすめの飲み合わせはありますか?
アミノ酸やビタミン、ミネラルと相性が良いバイオペリン。HMBやBCAA、シトルリンやアルギニンと組み合わせるのが良いと思います。プロテインと一緒に飲むのも、筋肥大のためには有効でしょう。

 

バイオペリンで太ることはありますか?
血行を促進して代謝をあげるバイオペリン。痩せることはあっても太ることは無いと思います。ダイエット中の人も安心して飲むことが出来るでしょう。

 

バイオペリン血圧が上がる恐れもありますか?
薬との飲み合わせによってはバイオペリンで血圧が上がる恐れがあります。高血圧の方や服薬中の方は、医師の診断を受けた上でバイオペリンを摂取するようにしましょう。

 

特許成分って本当ですか?
栄養素の吸収効率を高める効果があるバイオペリンは、特許成分です。”リボディ25000”の公式ページに記載されていたので間違いないでしょう。

 

バイオペリンについてまとめ


 

コショウに含まれている特許成分であるバイオペリン。他の栄養素の取り込みを強化してくれるので、HMBサプリにもピッタリですよね。バイオペリンが含まれているHMBサプリは数多くありますし、サプリを飲み合わせるのが面倒だという方にもおすすめ。

 

僕のおすすめするHMBサプリランキングを参考に、ダイエットや筋トレに取り組んでみて下さい。

 

>>おすすめのHMBサプリ比較ランキング

関連ページ

クレアチンの効果や副作用について
クレアチンの効果や副作用、専門家の口コミを紹介します。筋肉強化サプリに含まれているこの成分を正しく理解して、細マッチョを目指しましょう。
BCAAの効果や副作用について
BCAAの効果や副作用、専門家の口コミを紹介します。筋肉強化サプリに含まれているこの成分を正しく理解して、細マッチョを目指しましょう。
グルタミンの効果や副作用について
グルタミンの効果や副作用、専門家の口コミを紹介します。筋肉強化サプリに含まれているこの成分を正しく理解して、細マッチョを目指しましょう。
クエン酸の効果や副作用
筋トレにも有効なクエン酸。その効果や副作用、摂取タイミングについて解説します。
αリポ酸の効果
筋トレやダイエットに効果的なαリポ酸。その効果や摂取量、飲むタイミングについて解説します。
コエンザイムQ10の効果
コエンザイムQ10(COQ10)の効果効能と副作用をまとめて紹介します。効果なしという評判は本当なのでしょうか?
トンカットアリの効果
トンカットアリの効果効能や副作用について解説します。筋肉は増えるけどハゲるような諸刃の剣なのでしょうか??
フェヌグリークの効果
カレーのスパイスとしても使われるフェヌグリーク。ダイエットや滋養強壮に効果があると言われているこの成分の、効能や副作用を解説します。
アルギニンの効果や副作用
筋トレにも有効なアルギニン。その効果や副作用、摂取タイミングについて解説します。
シトルリンの効果や副作用
筋トレにも有効なシトルリン。その効果や副作用、摂取タイミングについて解説します。
カルニチンの効果や副作用
筋トレにも有効なカルニチン。その効果や副作用、摂取タイミングについて解説します。
オルニチンの効果や副作用について
肝臓の機能を高める効果があるオルニチン。その効能や副作用について解説します。
クレアルカリンについて
クレアチンの進化型のサプリであるクレアルカリン。その効果と飲み方について徹底的に解説します。
タウリンの効果や副作用
筋トレにも有効なタウリン。その効果・効能や副作用、摂取タイミングについて解説します。タウリンを摂取して効率的に筋肉を鍛えましょう。
ナイアシンの効果や副作用
ダイエットに有効なナイアシン。その効果や副作用、摂取タイミングについて解説します。
デキストリンの飲み方や危険性
ダイエットに効果的なデキストリン。その飲み方や危険性について解説します。
コレウスフォルスコリの効果や副作用
ダイエットに有効なコレウスフォルスコリ。その効果や副作用、摂取タイミングについて解説します。
トリプトファンの効果や副作用
ダイエットに有効なトリプトファン。その効果や副作用、摂取タイミングについて解説します。